アフィリのノウハウ

ここでは、アフィリのノウハウ に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなサービスの一つであるソーシャルブックマークで話題になっている記事に、「100個のブログを作った。」というものがあります。

1ヵ月で100個のブログを作って、アフィリで稼いでるよ
って話です。

そのあとに「アドセンスのクリック率を上げる方法。」という記事もあります。

つまり利用しているのは、アドセンスだということです。
どのような方法で稼いでいるのかというと・・・


まずは一ヶ月の間に、タイトル等は二の次でとにかくブログを開設し数を増やしていく。
各ブログは同一人物が運営していると思われないようにする。
更新に当たって100個となると話題に困るので「はてぶ」からネタをもらう。
そうして様々なネタを各ブログで書く。

要するに以下のような感じ。

ふだん料理なんてしないんだけれど、料理の話題があったから料理ブログを作ってみた。
他人やネット上のレシピを見てそのまま書いたら怒られるので、材料を変えて適当に
レシピを公開したりしてみた。ふつうは完成写真を載せたりするんだろうけれど、
中身に価値をもたらす気が毛頭ないので、文章だけである。



そして、「合わせて読みたい」「trackward」「ザッピング」などのアクセスが取れそうなサービスは取り入れる。
ping送信や自分で各サービスのブックマークをする等もする。


ここまで見ても、特に変わったことはないですね。
まず普通の人が考えるのが、やるとなると100個も更新できないのでは?ということでしょう。
その疑問には以下のようにあります。

ブログが100個っていうと、更新が大変のように思えるかもしれないけれど、
そんなことはない。1つのブログ更新を10分でしたとして、1時間で6個。
10時間あれば60個。



それに慣れていけば、さらに早くできちゃうとあります。


またクリック率や単価についての記述もあります。

クリック率は約1%
クリック単価は8円~60円程度


このようにして運営をしていき、2ヶ月程度経ったら検索からのアクセスが増えて、更新の頻度を控えてもアクセスがあるような状態になったそうです。

「相互リンクが鬼のようにあるので、放っておいても人が来るしね。」
とも言っています。


最終的には、
1個のブログにつき1日500アクセス
1個のブログで、1日100-150円くらい。

100個のブログで、月30万円~45万円くらいの収入だとか。


アドセンスに関する記事の方では、人の目の動きや心理を考慮した広告配置についても教えてくださっていますので、詳しくはネタ元の記事を参照していただきたいと思います。


あまり知らない人がこのような話を聞いたら、信憑性を疑うでしょうし、実際そのような声もありますが、部分的には疑問な点はあるにしても、これだけやれば結果は出るだろうと思います。

「経験者として言わせてもらう。この通りにすれば儲かるが疲れる。」
という声もあります。

やればそれなりの結果が出るのが現状ですので、アフィリなど興味のある方は、とにかくやってみることが大切なんですね。

もちろん楽にできるってわけではありませんが、他の方法で稼ぐよりは簡単だったり、始めは苦労しても一度軌道に乗ってしまえば楽に儲かるといったこともありますね。


ちなみに紹介した記事の人の言ってることで、疑問な点っていうのは、
1個のブログにつき1日500アクセスってところです。

どうやったら、そんなにアクセス取れるのかなと思います。
よかったら、教えてくださいm(__)m
スポンサーサイト
少し前にマクドナルド新サイトもLPO対策を導入したというニュースが出て、
そこから複数のブログでLPOについての、まとめ系の記事やコメントがありました。

9月25日にリニューアルした日本マクドナルドのWebサイト(http://www.mcdonalds.co.jp/)は、白系のポップな感じからブラウン系のシックな感じに変わり、最近の店舗デザインとの統一感を持たせたそうです。

SEOだけでなく、似た言葉のLPO対策も常識となっているのでしょうか。


まずLPOとは、「Landing Page Optimization」のことです。
日本語ではランディングページ最適化です。

ランディングページとは、検索エンジンなどからの訪問者が最初に見るウェブページです。
LPO対策を行うことで、訪問者を逃がさずコンバージョン率を上げることができるわけです。

Webサイト訪問者がWeb広告など外部からのリンクをクリックした際に最初に表示されるWebページを、「訪問者が着地するページ」という意味でランディングページ(landing pages)と呼ぶ。ランディングページは、訪問者がWebサイトに滞在し、商品購入などWebサイトの運営側の収益となる取引を行うかどうかを左右する重要なWebページとされる。


引用元:http://e-words.jp/w/LPO.html


LPOに関する無料レポートってあるのかなぁ、と思ったので、
メルぞうから探してみました。

中身は未確認(笑)

【神名流PPC】売れる商品の見つけ方4つの法則と売れるランディングページの作り方。

ランディングページ登録を倍増させる方法


無料レポートなんかよりも、かなり役に立ちそうなLPO関連のサイトを紹介しておきます。

ねこすけLPO
無料のLPOツールです。

究極のランディングページを書く為の10のヒント
究極のランディングページを設計する為の5つのヒントも書いてあります。


ということで、SEO対策でアクセスを増やすだけでなく、
LPO対策で成約率を高めることも意識していこうということですね。

copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。