2007年12月

ここでは、2007年12月 に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。サーチエンジン最適化とも言われる。英語の Search Engine Optimization の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー)と言われる。

最適化の対象になる検索エンジンは、日本ではYahoo!サーチの利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策も重視されている。特にアメリカでは、Googleのシェアが高いことからGoogleであることが多い。

最適化を不適切に行うと、検索エンジンのランキングを意図的に変更され、結果として利用者の利便性を損なうことになるため注意が必要である。


SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。

サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。

そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの分析・探求の動きが促進された。

SEOの定義・目的に関しては、「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。

日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者の台頭が本格化し始めた。

一方2007年現在、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。
スポンサーサイト
アフィリの利点

広告主側からすると、対費用効果が一目瞭然で分かり、更に費用に見合わないと判断すれば、途中での契約停止が可能と言う他の媒体を使った宣伝方法とは異なる利点が挙げられる。 これにより自己が想定する範囲内での広告宣伝が行える。

また、数千を超えるサイトが宣伝してくれる可能性もあり、販売チャンスが増え、かつ、売れなければ費用も殆ど発生しないと言う、かなり広告主には有利な金額体系でもある。 更に、一部のASPを除き、自己でアフィリエイターへの報酬金額を決定出来る仕様であり、この報酬金額自体も途中変更が可能である。

その他に、あらゆるジャンルのアフィリエイターが存在する為、商品そのものが売れなくても、ネット内での自己の商品、サービスを認知させる事も可能となる。また、マーケティング手段として利用している広告主も存在する。

上記利点が複数存在する為、アフィリエイトを利用しようとする広告主は増加の一途を辿っている。

アフィリエイター(広告掲載側サイト)の利点は、仮にサイト閲覧者が広告に応募した場合、自己へ収入が帰ってくる「可能性」がある。これによって、サイトを更新、修正、変更するモチベーションを保っている人間も多数いると思われる。

非常に限定的な、稀なケースではあるが、アフィリエイトで生計を立てている人間もおり、中には個人で始めて、法人化して成功を収めているサイトもある。


アフィリの問題点

アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方でいくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう恐れが大きい。また、明らかにこのようなあいまいさを悪用したサイトも多く見られる。次に、アフィリエイトの募集をティアとよばれるシステムをつかって鼠算的におこなうことによって、実際にはアフィリエイト収入が保証されるわけではないにもかかわらずそのことを偽った募集や、架空商品とアフィリエイトシステムを利用したネズミ講などの温床となっている。

販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促すインセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体がブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などが合った場合にもその取締りは困難である。 このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドライン[1]を出し、適切なアフィリエイトプログラムの運用を呼びかけている。

また、複数のブログと契約し、広告主企業の商品をあたかも該当ブログ管理人が気に入って宣伝したかのように見せかけ、広告主から広告宣伝料を徴収するような手法や仲介業者が氾濫しつつあり、そのような事情から情報媒体としての価値が低下しつつある。

その他にも、SEOを駆使し、アフィリエイト付き所有サイトの検索表示順番を意図的に引き上げる手法などが確立されており、俗称検索エンジンスパムとも呼ばれる。また、プログラムによって文章やサイトを量産し、検索エンジンに登録されるページ数を増やしてアクセスを集める方法なども行われている。

さらに、報酬目的で不正に特定作業を行い、報酬を得るような悪質なサイトもあるとされる。(クリック報酬を得るために、独自のプログラムによりクリック数を上げる等)
アフィリエイターの七割の月収は1000円以下で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下である。 しかし、アフィリエイトのみで生計を立てている法人、個人もいるので、儲からないと言うのは早計であるが、統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言える。


インターネットが普及しアフィリエイトサービスが始まった初期には、バナー広告を設置すれば高い確率でクリックされ、比較的簡単に報酬を得ることができた。これには当初、ものめずらしさでついクリックしてしまう人がいたのと同時に、個人が設置したウェブサイトにバナーがあると、閲覧者も大抵はある程度交流のある人の場合も多く、またクリッカブル広告をクリックすることで閲覧者がサイト設置者にサイトの存続を望んでいるという合図にもなったなどの事情も含んでいた。ことメールマガジンやアンダーグラウンドなウェブサイトでは、そういったクリックしてコンテンツ提供者に「投げ銭」することを正当な行為とみなす「伝統」すら見られた。

しかし2000年現在では、インターネット利用者がインターネットの仕組みに慣れバナー広告が明らかに広告であると認識されていることや、インターネット全般に於いて迷惑メールを含む広告の氾濫にユーザーがうんざりしていることもあり、バナー広告自体が、非常にクリック率が低い状態にある。初期には数十パーセントほどのクリック率を上げていたが、現在では、よほど工夫しない限り1パーセントに満たない。

こういった事情もあってバナー広告が非常にクリック率の低い状態にあるため、クリック率を上げる方法として、現在では主に、文章などの中にアフィリエイト広告のテキストリンクを含める、などの方法などがある。ただその一方では、こういったアフィリエイト指向の強いサイト運営者を騙すような悪質な広告主も登場しており、「セキュリティソフトウェアのアフィリエイト」と称して掲載された広告により、セキュリティ対策ソフトウェアの押し売りといった問題も発生している。

アフィリエイトとは、成功報酬型広告ともいい、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。

他の呼び名として、アフィニティ、アソシエート、アフェリエイトなどとも言われることがあります。

【アフィリエイトの歴史】

Amazon.comの創業者の孫がサイトを立ち上げていて、「ここに商品を置いて売れたら手数料を頂戴」と創業者に持ちかけたのがはじまりであるとされている。但し、Amazon.comではアフィリエイトではなくアソシエイト・プログラムと呼んでいる。

なおアフィリエイトの歴史上でAmazon.comが果たした役割は大きく、従来のクリッカブル広告では所定のサイトへの誘導や特定商品やサービスに関するディレクトリに誘導して「成功」としていたものがクリック詐欺などで広告視聴量に対する疑惑にも発展して広告料支払いで係争関係にも発展する中、所定の書籍や商品に対する直接リンクの形で、リンク元の記事と紹介する商品との間の連携にもより売上を伸ばし、アフィリエイトは新しい広告の形として急速に浸透していった。

今日でも同社のアフィリエイトは個別商品ごとの紹介プログラムが用意されており、ブログなどの鮮度の高い情報群と商品を橋渡しする仕組みも充実している。


【アフィリエイト報酬の種類】

アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬と成果報酬の2つがあり、クリック報酬は、バーナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、成果報酬では、サイトより商品が売れた場合、あるサービスに関してアクセスした訪問者が、そのサービスに申し込んだ場合に報酬が支払われる。


情報商材「システムアフィリエイト」のレビューです。

●情報商材の内容

流行してきているのステップメールを使うアフィリノウハウです。

ステップメールの概要から、ネットビジネス系以外のやりやすいジャンル決め。
そして、ステップメールを送るリスト集めの方法が紹介されています。


●評価

4

メーターのMAXは5で、ランク4です。


●良い点

ステップメールをやってみたいけれど、具体的にどうすればいいのか分からないという方に良いです。
完全に新しいことがあるノウハウではないですが、既存のものを上手く組み合わせているタイプのノウハウです。

薄いリストを濃いリストに変える方法が良いです。
またリストに応じたアプローチ方法もあり、参考になります。

アフィリだけではなく、ネットビジネス全体やギャンブル、ダイエットなど
多くのジャンルで行うことができることは幅が広く応用がきくアフィリノウハウといえます。

高額な初期費用が必要ないことは良いでしょう。

そして「ほったらかし」という言葉はあまり好きではありませんが、
ステップメールを使うことで、ある程度それが可能なのは魅力的です。

また、クッキーの書き換えに関する内容は興味を惹きます。

以前からあるシステムですが、どうやっていいのか分からず利用できていない人が多いシステムですので、
ここで自分は効果的に使ってみようと思っていらっしゃる方はちょうど良いと思います。


●悪い点

セールスレターにステップメールのノウハウだという明確な記述がないこと。
そして曖昧にして、ほったらかしという甘い言葉で興味を惹いている書き方が不親切です。

はじめに数千円程度の初期投資が必要だということは、
多くないとはいえ気には掛かります。

リスト収集の部分が何かとネック部分なので、もっと詳しく書いてあると嬉しかったです。
リスト収集法のひとつである、無料レポートの部分は各人で差がつく部分かもしれません。


●向いている人

ある程度アフィリを知っている人が取り組みやすいでしょう。
そしてステップメールに取り組んでいきたいと考えている人。

一度作り上げた後はある程度ほったらかしにしてもシステムが機能するので、
毎日の作業に当てられる時間が不安定で、休日にまとめてしか時間が取れないといった人にも良いでしょう。


●向いていない人

全くのアフィリ初心者では分からない点が多く嫌になってしまうかもしれません。
もちろんヤル気があれば問題にはならないのは言うまでもありません。

少しも自分で調べたりせず、頼りっぱなしの人は結果は出せないでしょう。


●サポートについて

・不明点解決満足保証

マニュアルを読んでメールサポート90日を使っても、マニュアルの内容を理解することができない場合は、そのメールサポートを無期限に延長します。

・面談1回保証

このシステムアフィリのノウハウで行き詰ってしまったら、一回面談を無料でしてくれるようです。


●コストパフォーマンス

多くの情報商材の価格を考えると標準といえるでしょう。
決して安くはありませんが、このノウハウを活かして稼げるなら高くないでしょう。


●返金保障

表記なし


●商材の特典

特になし


システムアフィリエイト


●ミキからの特典

ミキからの特典についてはコチラをご覧ください。


●特典請求や問い合わせ

特典の請求は下のメールフォームの内容欄に【特典希望】と書き、欲しい特典を書いた上で送信してください。

その他、何かミキに相談などある場合も以下のメールフォームからお願いします。

何でも良いので、気軽にお問い合わせください。




情報商材「アフィリエイト戦国時代」のレビューです。

●情報商材の内容

アフィリに必要不可欠なこと、必要最低限のSEO対策、よりクリックされる方法などブログを資産にして、アフィリで長期的に継続して稼ぐ方法が書かれています。

メインは無料ブログを使った方法ですが、アフィリ全般について考えることができます。

情報商材の本体は、各項目ごとに第1部から第3部まで分けて解説があり、総ページ数400ページ以上のPDFファイルと音声動画ファイル9本(約4時間)にまとめられています。


●評価

5

メーターMAXのランク5です。


●良い点

実際に販売者が月1000万以上稼いでいる方法なので、机上の理論ではなく説得力があります。

マニュアルはボリュームがあり、丁寧な説明がされていますので、初心者でも分かりやすいでしょう。

何をどうすればいいのか、具体的に順番に解説されていますので、迷うことなく作業ができると思います。

無料ブログを効果的に使うノウハウなので、初期投資が無いのは良いですね。

サポートメールもあり、特に記事提供サービスの特典が良いです。また返金保障もあるのは嬉しいですね。


●悪い点

値段が高価なので、やはり手は出し難いでしょう。
しかし良く考えれば、ライバルが少ないとも言えます。

特にアフィリ経験者にとって、ビックリするような内容ではないので、内容を軽視してしまうかもしれません。


●サポートについて

購入者限定のメールや90日実践して結果が出せなかった時に受けられる個別サポートがあります。


●コストパフォーマンス

かなり高価だと思います。しかし、とんでもない値段かと言えばそうではないでしょう。

この情報商材をもとに作業をして得られるものを考えれば、高いとは言えないのではないでしょうか。毎月いくらの収入が得られるようになるかなど、単純に計算してみても分かると思います。

返金保障や個別サポートが無しで割引価格もあるので、アフィリ経験者はそちらがオススメです。


●返金保障

アフィリエイト戦国時代を90日間実践しても結果が出なかった場合、90日間個別サポートを申し込むことができます。そして90日間の個別サポートが終わっても結果が出なかった場合には、マニュアル代金分を全額返金してもらえます。 ただし、決済手数料4200円だけはかかるようです。


●商材の特典

・専属ライターによるオリジナル記事提供サービス
・音声セミナー10本(5時間以上)
・SEO対策済みオリジナルブログテンプレート
・購入者限定サポートメール
・無料バージョンアップ
・冊子版プレゼント(初回100部限定)

オリジナルのテンプレートは差別化にもなりますし、カスタマイズの手間も省けて良いですね。

特に記事提供サービスは他では見たこともないですし、有効なサービスだと思います。好きな分野の記事をリクエストして書いてもらい、その記事を使えるので、更新作業の手助けになりますね。


アフィリエイト戦国時代


●ミキからの特典

ミキからの特典についてはコチラをご覧ください。


●特典請求や問い合わせ

特典の請求は下のメールフォームの内容欄に【特典希望】と書き、欲しい特典を書いた上で送信してください。

その他、何かミキに相談などある場合も以下のメールフォームからお願いします。

何でも良いので、気軽にお問い合わせください。




ミキからの特典について説明します。

その商材専用の特典もありますが、
基本的な特典は以下のA,B,Cから一つずつ選んでいただく形となっています。

特典の請求は以下のメールフォームからしてください。
内容欄に【特典希望】ということと、欲しい特典をそれぞれ書いて送信してください。






☆★ A ★☆

1.特進アフィリエイトプロジェクトのロングセラーの秘密戦略
2.携帯サイト、携帯メルマガアフィリエイトの秘密
3.メルマガ読者の効果的な増やし方と生かし方
4.パートナーシップの可能性と落とし穴
5.NLPをネットビジネスとどう連動されるのか?
6.携帯版で情報起業する方法
7.会員制ビジネスでの驚異の継続率を叩く方法
8.本当のブランディングの意味とその効果を最大化する方法
9.成功した情報起業家の生のお金の使い方や生活とは?

☆★ B ★☆

1.ネットビジネス起業パッケージ【加藤式】超戦略的アフィリエイト術
2.ネットビジネス起業パッケージ【遊人流】メルマガアフィリエイト
3.ネットビジネス起業パッケージ【磯貝式】情報起業闇黒戦略

☆★ C ★☆

1.アダルトアフィリエイトのススメ♪
2・【ミキ流】SEOの基礎と誰も言わない強力な小技♪
最近の情報も乗っていましたので、ウィキペディアの販売者の問題を見てみましょう。

情報商材に限らず、あるいはインターネットによる販売に限らず、またいかなる商品であっても、購入者を騙す業者は少なからず存在する。返品を受け付けなかったり、情報の妥当性・正確性などを理由にクレームを言っても取り合わない業者もいる。問題のある販売方法を行っていたり、虚偽を記載していたとして法的な対応を取ることも不可能ではないが、警察はそう簡単には動かず、法的措置を取るにも膨大な手間がかかり、現実的には困難である。さらに販売者と連絡が取れなくなる場合もあり、販売者側のモラルが問われることもある。

これらの商取引の問題は、情報商材自体の存在ではなく、インターネットの普及によって容易に物を販売することが可能になったこと、インターネット販売業者の良し悪しを判断する知識を持ち合わせていない購入者が多く存在することから、悪質な業者が増加していったことに起因する。

2007年に入り、違法商材「インド式アフィリエイト」購入者の告発を皮切りに、情報商材関連業者がメルマガなどで悪質商材を買わないよう呼びかけた。この告発の結果、該当の商材並びに販売方法が極めて悪質と判断され、それまで応じなかった返金要請にも応じざるを得なくなるという動きが出ている。この事例から今後法整備が進み、購入者側も知識を向上させていくことで、悪質な業者の淘汰が期待される。

ウィキペディアの情報商材の価値・評価の部分を読んでみましょう。

情報によっては、一般に販売される書籍や新聞・雑誌に掲載されている内容と大差なかったり、それ以下のものもある。例えばダイエットや株式投資に関する本は書店で多く売られているが、それらに比べて情報商材として売られている同様のものは、これらの書籍より情報価値が低い割に高額なことが多い。しかし、情報商材がその金額に見合うような内容かどうかは判断しづらい。

情報商材は、書店のような立ち読みが出来ない。そのため、購入したあとに予想したものと全く違った、期待外れだったというケースが非常に多い。一般の書籍は新聞・雑誌等の書評、Amazonや個人の運営するサイトなど、様々な方法で実際にその本を読んだ人の評価を見て、購入の参考にすることができる。


中には下記のような、あまりに安易で低俗であり、明らかに価値を見出せないようなものもある。購入するまで内容を明かさないため、このようなものでもまかり通ってしまうのが実情である。

再販・無料配布可の情報商材→商材内のURLがポイントメールなど自分の紹介用URLとなっていて配布された人登録すると無料配布した人が稼げる仕組みです。
「○○万円を稼ぐ」→この情報商材と同じく「楽して稼げる」といった趣旨の情報商材を売りましょう。ポイントメールに登録しましょう。自分の右腕を切り落として障害年金を貰いましょう。等
一回限り○○円稼ぐ→自分でアフィリエイト業者に登録して自己アフィリエイトや家族名義でクレジットカードをたくさん作りましょう。
mixiで稼ぐ→足跡・ニュース・日記・女の画像・目立つ名前・コミュでの宣伝の利用や女性に成りすますなどして自分のサイトに誘導し、アフィリエイトや物販を行いましょう。
簡単に有効なメールアドレスを集める→yahooオークションからyahooIDを集め@yahoo.co.jpをつけましょう。
一日で確実に30万円を手に入れる→消費者金融で30万円借りましょう。
誰でも100%290万円以上手に入れる→上記同様、貸金業者からお金を借りた後計画破産して、借用したお金を搾取しましょう。(実際は督促されなくなるだけで、自分のものになるわけではない)
半額で新幹線に乗る→有人改札と自動改札を使い分け、不正に出入りすれば片道ただになります。
アクセスアップをする→トラックバックや掲示板でスパムを行いましょう。
検索エンジンで上位を取る→誰も検索しない高順位の取りやすいキーワードを設定しましょう。SEOスパムをしましょう。業者に依頼しましょう。等
パチンコ・パチスロで稼ぐ→攻略法をセットする手順を複雑にしてその情報が本物かどうか検証をできなくして誤魔化してしまう。体感機を使いましょう。等
商材サイトで売り上げランキング上位を取る方法→商材の値段を安く設定し、アフィリエイトを高く設定して自己アフィリエイトして沢山買ったあと値上げしましょう。
情報商材が一般に書籍やインターネットで無料で公開されている情報とどう違い、どう価値があるのかを購入者は見分ける必要がある。

また情報商材の評価を自称するレビューサイトが少なからず存在するが、高評価の商材を購入するよう誘導して、アフィリエイト収益を得ているようなサイトがある。ただし、これは情報商材に限らず、いかなる商品であってもインターネット販売を行う業者の中でアフィリエイトサービスを利用していれば、同様のことが業者の認知の有無を問わず広く行われている。



いつも言うように鵜呑みにしてはいけませんが、最低限の知識にはなり得るかと思います。
情報商材の返品・返金については気になっている方や悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。私は専門化ではないので、的確なアドバイスはできませんが、ウィキペディアの情報を見てみましょう。

消費者契約法第二条で、重要事項に関して断定的判断の提供があれば契約の取り消しができる(第四条)。また金融分野(株・FX・先物取引)については、証券取引法第四二条一項による規定がある。「情報商材の性質上返品は認めない」という約款を定めていたとしても、販売者に説明に関する悪意または重過失(断定的判断の提供など)がある場合には約款が適用されないとしている。2001年4月1日から施行された消費者契約第八条では、事業者の債務不履行や不法行為による損害賠償や不当利得について免責条項の無効とする旨の、いわば「不当条項規定」をおいてこの考え方を明確化した。

何かあれば、とりあえず販売者と連絡を取ることが良いと思いますが、あまりに酷く本格的にやるなら弁護士などに相談するのが良いでしょうね。
宣伝文句の正確性と宣伝方法の問題について、ウィキペディアを元に見ていきましょう。

情報商材の販売では、購入者の成功例が良く掲載されている。しかし、情報商材が出現する前から「お客様の声」として購入者の感想を掲載することは頻繁に行われており、その正確性は購入者が判断するしかない。

こうした宣伝文句はテンプレート化されており、優良商材粗悪商材に関係なく、形式自体はほとんど同じであるため、見た目や雰囲気だけで判断することはまず不可能である。このため、宣伝内容に矛盾した内容がないか、明らかに無理のある事実が書かれていないか、そもそもそこに書かれている内容が真実かどうかなどを、購入する側がその商材を十分吟味する必要がある。

また、情報商材を販売する者は、スパム的な宣伝手法をとることが多く、一般のネットユーザーに嫌われる原因の一つになっている。スパムメール配信や掲示板やブログへの無差別的な書き込みが基本だが、最近ではGoogle Adsenseに「楽して大金が手に入る」といった趣旨の広告を大量に配信している。内職や在宅ワークとは無関係のサイトにも頻繁に表示されるため、嫌悪感を持つ人も多い。当wikipedia情報商材でも自分のアフィリエイトサイトを宣伝する編集が幾度も行われている。

情報商材には悪徳商法と考えられるような物も存在するため、利用者には慎重な判断と十分な注意が求められます。情報商材ではなくとも、ものを見る目は必要でしょうけど。


情報起業についてもウィキペディアを元に見てみましょう。


情報商材の販売を職業として行うことを情報起業と呼びます。またこうした人々は情報起業家(インフォプレナー)と呼ばれる。またアントレプレナー、インターネットマーケッターなどと自称する者も多いです。

単発で商材を捌いた後に、法的責任や自ら保障した返金制度の回避のために身元をくらましてしまう者も多く誇大な表示に反して実際は大して儲からないことから、長期的に情報起業家を続けている者は少ないと思われます。


販売方法としては、昔から最も頻繁に用いられているのがインターネットオークションです。ヤフーオークションでは「その他」カテゴリの下に「情報」カテゴリが設けられています。

過去に露出を増やしたいがために様々なカテゴリーで情報商材が販売されたことがあり、利用者の間に大混乱を招き、一般のオークション利用者からこうした詐欺的行為に対して苦情が殺到したことから、情報商材を隔離する形で設けられたものです。

他にポータルサイトを利用するものもあります。情報商材の販売専門のサイトがあり、そこでは情報販売者と契約を結び、商品の受け渡しや決済を代行します。自分でブランド力を上げることに自信のない販売者は、こういったサイトを利用することが多いです。しかし、相当数の販売者が登録するため、返って目立たなくなってしまい、ほとんど儲からないのが実状です。


これらのことも鵜呑みにして良いわけではありませんが、参考になるでしょう。買う側にしても売る側にしても、あるいはどちらにもならないとしても、全ては自分のことです。しっかり知識を持ち目を養って後悔しない決断ができるようにしたいものです。
情報商材はインターネットを介して売買される情報ということですが、分からない方にはそれだけではイメージできないかと思います。そこで、実際にはどんな情報が売られているのか例を見てみたいと思います。

簡単に紹介すれば、以下のようなものになります。


・方法は明示せずに「簡単に儲ける方法」として販売するもの
・デイトレードやFXなどの投資関連
・インターネットオークションを利用するもの
・アフィリエイトを利用するもの
・連鎖販売取引を行うもの(買った情報商材に情報商材の売り方が書いてあることも。)
・競馬・パチンコ・パチスロの必勝法
・無料で音楽や動画のファイルを手に入れる方法(P2Pアプリを用いることが多い)
・中古車・携帯電話の白ロムを輸出する方法
・ダイエット・長身法・ED回復・モテないなどの悩みを解決する方法
・外国語・資格試験の学習法
・公共料金や税金などを節約する方法
・SEO対策やアクセスアップなどのWEB製作関連
情報商材といっても何のことか分からない人もいるでしょう。ですので、ウィキペディアの情報を元に見ていってみましょう。


情報商材とは、主にインターネットを介して売買される情報のことです。単に情報と呼ぶことも多いですが、情報商材はそれ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものうち「ある目的を達成するための方法」を指すことが多いです。

情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼びます。インターネットが出来る以前では、情報商材や情報起業という言葉は存在しなかったですね。


情報商材の価格としては、主に5000円から数万円など一般の人が買える範囲で、比較的高額なものが多いです。これは単に買う側が「高くても値段に見合った有効な情報だろう」と期待させるためであると考えられます。

自分がアフィリエイターになって自己アフィリエイトをすることで半額以下で買える商材も多いです。 「期間限定」「先着○人」などと称してそもそも存在しない通常価格より安い価格と評して、景品表示法違反である「二重価格の表示」で売っていることもあります。

しかし、そのほとんどが価格に見合わぬ価値の情報であり、詐欺まがいの販売方法に多くの苦情が上がっているのが実状です。


ウィキペディアの情報が正しく鵜呑みにして良いわけではありませんが、割と信用性の高いところの情報として参考になると思います。

ミキがお勧めしている情報商材のレビューを一覧で紹介します。


p-001.gif爆裂販売戦略と販売マインド!

商材に書いてる広告に注目!
稼げない思考が崩壊するというアフィリエイターも必見のE-book。

p-002.gif和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

真剣にネットビジネスをするなら、学ぶなら、損は無いです。
特に情報起業する方にピッタリです。

p-003.gifほったらかしアホリエイト2

特別なスキル無し、マニュアル通りで素早く結果が出る!
気軽にブログ作成して、情報商材アフィリエイト。

p-004.gifブログアフィリエイトで日給8万円

初心者がブログとメルマガにて情報商材のアフィリエイトをする際の教科書。


p-005.gifブログアフィリエイト最終奥義 超爆裂!大逆転アフィリエイト

情報商材をブログでアフィリするなら、最高のノウハウ。

p-006.gifシステムアフィリエイト

ほったかしで継続的に収入を得られるステップメールのノウハウ。
情報商材だけでなく色々なアフィリに利用できます。



自己紹介をしたいと思います。


ハンドルネーム(HN)はご存知、ミキです。

これまで、かなり多くの情報商材を見てきました。
数えてないので分かりませんけど、数にしたら100近いかもしれません。
金額にすれば100万円以上は情報商材に費やしています。

いわゆるノウハウコレクターという人なのかな。
でも、コレクターはコレクターでも稼げていないコレクターではないからいっかw

せっかく色々なノウハウを見てきたので、
その経験を活かしてレビューブログでも始めようと思いました。


レビュー数が売りの信用性の高い、
情報商材レビューブログを目指して運営していきたいと思います。

そしてレビューと同時に、情報商材に関わるなら必要だと思われる情報も
一緒にお伝えしていきたいとも思っています。

よろしくお願いします☆
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。