2008年03月

ここでは、2008年03月 に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YahoogleとはYahoo!とGoogleの両方で同時に検索できるサイトのことです。

ヤフーグルはヤフーとグーグルが提供するWebAPI サービスを
広げることを目的としたマッシュアップサイトだということです。

yahooとgoogleの検索結果を合わせて表示することで、両方の検索エンジンで上位表示されているサイトを一度に見られ、便利なこともあるかと思います。

またIE7やFirefox、 Googleツールバーの検索プラグインも提供したり、
おすすめマッシュアップサイト、キーワードランキングなどもついています。

マッシュアップサイト ヤフーグル
→ http://enjoy.yahoogle.jp/
スポンサーサイト
情報商材を購入した人の中で、詐欺商材とかクズとか言っている人を見かけますよね。
あなたもそうでしょうか?

本当にありえないものもありますが、良い商材といわれるものは、本当に良いものだと思っている人がいるわけです。そして、それだけじゃなくって全く反対の意見を持っている人もいます。

色々なレビューを見ている人にとって、矛盾していて何が真実か分からなくなってしまいますね。

でも、どちらが本当というのではなく、どちらもある意味本当なのかもしれません。
これは2・6・2の法則があると言えるのではないでしょうか?

この法則は下記のような感じです。

上位2割の人は、既に魚の釣り方を知っている人たちなので、この記事を読んでも役に立たない。
下位2割の人は、魚の釣り方を教えてもらっても、釣れるようにならないので、やはり役に立たない。
その中間にいる6割の人は、程度の差はあれ、そういう記事が役に立つ部分がある。


<引用元>
あなたは、なぜ、自分のお金を貧しい人々に分け与えないのですか?
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080316/1205655055


つまり、
・情報商材の内容をすでに知っていた人(上位2割)
・やってみたけど駄目だった人(下位2割)
・結果が出たり、役立つ部分があって良かった人(6割)

こんな感じになっているのではないでしょうか。


掲示板などに批判や賞賛の声を書く人は、たぶん両極端の人です。
物凄く良いと思った人か、最悪だと思った人。

普通に役立った人、つまり6割の大半の人はわざわざ書き込んだりしません。


明らかに見えているものだけが全てではないということも踏まえて、
多くの面から考えて、自分に必要だと思った情報を生かしていきましょう。

決断するのは自分ですから、慎重に考えるのも、直感を信じるのも自由です。
SEMとは、Search Engine Marketing の略です。
検索エンジンマーケティングということですね。

つまり検索エンジンを使って、そこからアクセス(お客様)を集めて商品を売ったり、リストを取ったりするというマーケティングです。


言葉は似ているSEOはSearch Engine Optimization の略でした。
つまりは検索エンジン最適化ということ。

こちらは検索結果に上位表示させようというものです。

よって、SEOはSEMの中に入ります。
SEMという大きな枠があって、その一つの方法がSEOです。


SEO以外では、キーワード連動型広告などの広告掲載の方法があります。

何となく、簡単に覚えるなら、
SEOとPPCを合わせたらSEM…といった感じで覚えても問題ないかもしれません(汗)


SEMを行うにはアクセス解析などを利用しながら、分析し長期的に行う必要があるといわれます。
バナーはウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割をもつ画像(アイコンの一種)のこと。主に広告・宣伝用に作られ、ウェブサイトへのハイパーリンク用にも利用される。画像にはリンクを張り、クリックするとそのバナーが紹介するサイトを表示するようになっている。

広告としてのバナーの仕組みは、バナー広告が含まれるウェブページを閲覧者が開くと、ページ内にバナー画像が表示される。これをインプレッション (impression) と呼ぶ。閲覧者が広告内容に興味を持つなどしてバナーをクリックすると、広告主のサイトへとジャンプする。これをクリックスルー (click-through) と呼ぶ。さらに閲覧者が広告主のサイトで取り扱われている商品に興味を持ち購入すれば、ここで広告主にとっての利益となる。


広告掲載者が広告収入をいつ得るかに関しては大きく分けて3タイプがある。

表示報酬型(インプレッション型報酬) インプレッションが発生した回数、すなわち広告掲載者のページが開かれた回数に応じて報酬が支払われる方式。1000インプレッション単位で計算されることも多い。掲載者にとっては、多数の人が何度も訪れてくれるようなコンテンツを作成することによって報酬を伸ばせる。広告主にとっては、自社のサイトを見る閲覧者が少なくても報酬を支払わなければならないという欠点がある。

クリック報酬型(クリックスルー型報酬)
クリックスルーの回数に応じて報酬が支払われる方式。クリック保証型という呼称もあり、この語は正しくは広告が一定のクリック数を消費するまでの間配信される広告の契約方法を指すが、クリックスルー型報酬と同義で使われることも多い。広告主は支払う報酬と引き換えに確実に自社のサイトを見てもらえるという安心感が付随するのが特徴。

成果報酬型(売上型成功報酬)
バナー広告を経由して、閲覧者が商品やサービスの購入を行った回数や売上に応じて報酬が支払われる方式。広告主としては、利益が得られたときのみ報酬を支払えばいいということで無駄な広告投資の心配がない反面、掲載側に報酬が入る確率は低く、掲載してもらいにくいことがある。
PPC広告とは、Pay Per Click のことです。クリック課金です。このような広告では、クリックされて始めて広告費がかかるようになり、表示されるだけではかかりません。

ヤフーではオーバーチュア、グーグルではアドワーズが有名ですね。


・オーバーチュア(overture)
検索連動型広告を運営する米国Yahoo!傘下の企業、およびそのサービスの名称。日本ではYahoo! JAPANの完全子会社にオーバーチュア株式会社がある。

・アドワーズ(Adwords)
検索連動型広告の一つで、Google社の提供するサービスの一つ。
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。