2008年06月

ここでは、2008年06月 に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「ハプニング」のブログパーツですが、
他のブログを読んでいて発見して、面白そうだったのでやってみました。

クリックすると発症しますww

そんなブログパーツは以下から。
http://movies.foxjapan.com/happening/blogparts/index.html

そして以下は動画のブログパーツ。


映画などの宣伝では趣向を凝らしたものがよくありますが、
こういう面白いと思えるものを出すことで、口コミで広がることを狙ったりするんですね。

スポンサーサイト
メールマガジン解除を分類したものが紹介されたブログ記事を見ました。
色々なメルマガを見たことがありますが、解除できないものも多々あります。

クリック一発で解除されて、すぐに反映されるものがベストですが。
解除が面倒で、しかも暫くは送られ続けるなんてものも多いので迷惑ですね。

普通のエッチなスパムメールと変わらないようでは、
法律にも引っかかるでしょうし、発行者は嫌われるだけでなくリスクもあります。

あなたはメルマガ発行者ではないですか?
無料サービスをレンタルするにしても、自分のメール配信システムにしても、
メルマガ発行者として最低限すべきことがあります。

自分の利益ばかり考えて、迷惑な行為ばかりに走っては、
結局は自分のためになりませんよね。


メールマガジン:6つの別れ方
http://akihitok.typepad.jp/blog/2008/06/6-20aa.html

以下の6タイプに分類して紹介されています。

1. 親切丁寧型
2. 突き放し型
3. 匿名型
4. 追求型
5. 悪巧み型
6. 脅迫型

「人気ブログがどうして人気なのか分かるかい?」ということが、

takoponsの意味
http://d.hatena.ne.jp/takopons/20080627/1214497469

このブログ記事で書かれていますが、
この方の意見は「他人を批判しないから」ということなので、
無難な対応をしている人が良いということなのでしょう。

悪くは無いけど、でも「そんなことは無いと思う」。

はっきりと自分の意見を主張しないで、無難な対応をする人は、
滞りなく良いかもしれませんが、好かれもしないように思います。

ケースバイケースですけどね。

ブロガーなら、多少クセがある方がファンもできるかと。
ファンができる分、嫌われることもあるでしょうが。

SNS「mixi(ミクシィ)」がのトップページを7月7日にリニューアルすることを発表しました。
複雑だったメニューをシンプルにするそうです。

SNS「mixi」のトップページが7月7日にリニューアルする。メニューをシンプルにし、「日記を書く」ボタンを目立つ場所に設置するなど、従来より分かりやすいユーザーインタフェースになっている。


引用元:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/23/news097.html


詳細をいうと、

自分の更新履歴は左部分に集約。
新たに「日記を書く」ボタンが設置。
中央は日記などエリアを3つに分け表示し一目で更新をチェックできるように。
右部は天気などをカレンダーとして表示させ予定がすぐに確認できるように。


yahooなどのトップページの変更時も様々な声がありました。

「改悪にならなければいい」「使い慣れているのがいい」など色々でしょうけど。
変更直後は多少使いづらくても、慣れれば改善されていると感じられるものだと良いですね。


mixi足跡ツールなどを使っている人などは、
変更によってツールが動かなくなるなどもあるのでしょうか。

各ツールの作成者がまともなら、バージョンアップ版の配布等があるのでしょうね。

ただ何となく利用しているだけだったり、ほとんど稼いでいなくて気にしていなかったり、
たまたま関係なかったりと色々ありますが、知っておくにこしたことはないでしょう。

ネットショッピングでは最大手の楽天。
そのポイントシステムにフォーカスした歴史です。

穴をついて不正に稼ぐことができたこともありました。
ポイントを現金化するために図書券などに一旦換えていた人も多いでしょう。

そして最近、正規に現金化する方法が登場し
喜んだ人もそうでない人も、関係ない人もいるでしょう。


参考までに知っておいて損はないです。



楽天アフィリエイトと楽天ポイントの歴史は以下のとおり。

1997年 楽天市場 サービス開始
1999年 NTTドコモ iモードサービス開始
2000年4月 楽天株式会社 ジャスダックに上場
2000年10月 カード屋さん 開店
2002年8月。楽天スーパーポイント サービス開始
2003年5月 楽天アフィリエイト サービス開始

参考:楽天アフィリエイトと楽天ポイントに関する黒歴史
(http://neta.ywcafe.net/000860.html)



そして楽天全体の歴史を見ると以下のとおり。

1997年2月7日 - 株式会社エム・ディー・エム設立。
1997年5月1日 - 楽天市場を開設。
1999年6月 - 商号を楽天株式会社に変更。
1999年9月 - インターネットオークション事業楽天フリマ開設。
2000年4月19日 - 株式をJASDAQ市場(現 ジャスダック証券取引所)に登録(上場)。
2000年12月7日 - 株式会社インフォシークを買収、完全子会社化。
2001年8月30日 - 株式会社ビズシーク(中古品販売・買取サービス「Easy Seek」運営)を買収、子会社化。
2001年9月21日 - 株式会社フープス(無料ホームページコミュニティ「HOOPS!」の運営)を株式会社サイバーエージェント及び株式会社オン・ザ・エッヂ(現 株式会社ライブドア)から買収、完全子会社化。
2002年9月24日 - ワイノット株式会社(グリーティングカードサービス「ワイノットeカード」運営)を買収、子会社化(後に完全子会社化)。
2002年10月1日 - 株式会社メディオポート(ゴルフ場予約サービス「golf port」を運営)を完全子会社化。
2002年11月1日 - 株式会社コミュニケーションオンライン(「COOL ONLINE」の運営)を株式交換により完全子会社化。
2002年12月6日 - 株式会社キープライム(「CGIBOY」の運営)を株式交換により完全子会社化。
2002年12月19日 - ライコスジャパン株式会社の増資引き受け並びに株式購入により子会社化(後に完全子会社化)。
2003年9月1日 - 株式会社インフォシーク及びライコスジャパン株式会社を合併。
2003年9月1日 - アラン株式会社からゴルフ場予約サービス「GORA」を営業譲渡
2003年9月17日 - マイトリップ・ネット株式会社(現 楽天トラベル株式会社 「旅の窓口」運営)を日立造船株式会社より買収、完全子会社化。
2003年9月22日 - 株式会社あおぞらカード(現 楽天クレジット株式会社)を買収、完全子会社化。
2003年11月26日 - DLJディレクトSFG証券株式会社(現 楽天証券株式会社)を子会社化。
2004年3月19日 - デジパ・ネットワークスを株式交換により完全子会社化。
2004年4月1日 - 株式会社コミュニケーションオンライン及び株式会社キープライムを合併。
2004年9月24日 - 日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟を申請。
2004年10月28日 - ゴルフ場予約サービス「GORA」「Golf Port」「楽天ゴルフ」を統合し、「楽天GORA」開始
2004年10月29日 - 株式会社楽天野球団を設立。
2004年11月2日 - NPBの承認を得て、プロ野球への参入が決定。
2005年6月1日 - 国内信販株式会社(現 楽天KC株式会社)を買収、子会社化。
2005年6月1日 - ワイノット株式会社を合併。
2005年7月23日 - 楽天で3万6千件もの個人情報漏洩事件が発生。(下記項目を参照せよ)
2005年9月30日 - 米 LinkShare Corporationを買収。
2005年10月13日 - 楽天グループが東京放送(TBS)の全発行済み株式の15.46%を取得した旨の株式大量保有報告書を関東財務局に提出する共にその旨を発表した。
2006年1月19日 - 東京都民銀行とのインターネットバンキング分野での提携が発表。
2006年5月31日 - 地方競馬全場と勝馬投票券の販売業務委託の合意を発表。
2006年7月18日 - FCバルセロナとのマーケティング・パートナーシップ契約を締結。
2006年9月1日 - 楽天証券ホールディングス設立。
2006年10月1日 - 住宅ローン専業の金融会社楽天モーゲージを新生銀行と共同設立。
2006年12月1日 - NTTドコモとインターネットオークション事業に関して業務・資本提携し楽天オークションを設立。
2007年7月31日 - 関連会社を通じて、東京電力より同社が保有するフュージョン・コミュニケーションズ株式会社の全株式(発行済株式の54.27%)を買収、子会社化。
(引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%A4%A9)
XREAというレンタルサーバーがありますが、その無料ユーザー向け広告に、
ウイルス入りのリンクがあったそうです。

XREAの無料版は、勝手にページに広告が挿入される仕組みになっています。
広告配信には5台のサーバー使っていたそうで、その1台に不具合があったとか。


原因については、

広告配信や画像読み込み用として、外部に構築依頼をしておりました分散キャッシュサーバー内の1台の
広告配信用サイト管理パスワードが、受託会社外の者に渡り、使用され、不正なファイルがアップロードされておりました。


無料ユーザー向け広告配信サーバーの不具合について
http://sb.xrea.com/showthread.php?p=83947

どんなウイルスかというと、オンラインゲームのIDを盗むものです。

しかし、すでに問題は解決しています。
サイトアフィリをしている人だけじゃなく、ネットビジネスに関わる人としては、
グーグルとヤフーの動きをチェックしておかないといけませんね。

サイトアフィリをしないなどでSEO関連についてはどうでもよいというなら、
アルゴリズムの変化だとかはチェックせずに放っておいても良いのですけど。

その他については、IT系のニュースに目を通しておくとかで要チェックです。


先日からグーグルとヤフーが提携して、ヤフーのページにグーグルの
広告が表示されるようになるかもしれないということでしたが。

独占禁止法が絡んでくるみたいです。

YahooとGoogleは米国時間6月12日、検索広告に関する提携がもたらす財務面の利点を喧伝していた。だが翌13日になって、監査機関に提出された書類から、両社がさほど楽観的でない要素を計画に入れて検討していることが明らかになった。

 具体的には、Yahooが米証券取引委員会(SEC)に提出した書類に、独占禁止法違反訴訟、財務面の低い利益性、Yahooの経営陣交代など、提携が白紙に戻る可能性のある条件がいくつか記載されていたのだ。


引用元:CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20375339,00.htm

こういうニュースも要チェックです。
一部で秋葉原事件に関連して「予告」が話題となっています。

ヤフーなどのニュース記事で以下のような犯罪予告に関する記事がありました。

犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求-通り魔事件受け増田総務相

6月11日19時1分配信 時事通信

 増田寛也総務相は11日、インターネット上の犯罪予告を検知できるソフトウエアの開発費を、来年度予算の概算要求に盛り込む方針を明らかにした。同日開かれた、東京・秋葉原の通り魔事件を受けた再発防止のための関係閣僚会議終了後、記者団に語った。

 開発が検討されるソフトは言語技術を応用し、違法・有害情報の検出精度を向上させるもの。通常とは異なる急激な書き込みの増加や、自殺や殺人予告などの言葉を使った議論の流れなどを分析し、犯罪につながるような情報を認知できるようにする。業界関係者によると、ソフト開発には少なくとも数億円の費用が掛かるという。




それにインスパイアされて、satoru.netの人が「予告.in」をすぐに0億円で作成しました。

・予告in
http://yokoku.in/

犯行予告共有サービス。
インターネット上の犯行予告を集約・共有し、犯罪を未然に防ぐコミュニティ


それが話題となり関連したものも登場しているようです。

・予告.out
http://ss.hamachiya.com/yokoku.out/

予告ができる掲示板お互いを監視しあうよりも、この掲示板とかその亜種たちが、ちょっとだけ広まって、みんなが気がねなく予告できちゃう楽しいネットになればいいな! というもの。



これで思うのは、行動の早さ。そしてwebの可能性。

思いついたら、すぐ行動。
そして、その日のうちにこんなサイトが完成してしまうんです。

すごいですよね。


アフィリエイトをする人も、プログラムはできなくても学べることはあると思います。
学ばなくても、感じるものがあるのではないでしょうか。
Yahoo!(ヤフー)ログールが2008年3月18日に開始されました。

Yahoo!ログール

利用するには、ヤフーのアカウントが必要です。
簡単に取得できるのでもんだいないでしょう。

登録して取得したブログパーツを自分のサイトに貼り付けるだけでOKです。
ブログパーツを貼り付けることにより取得できるデータは以下のとおり。

・閲覧数(PV)
・訪問者数(UU)
・平均滞在時間
・リンクされた数
・訪問者データ
・人気ページランキング
・検索ワードランキング
・訪問者が直前に閲覧していたサイト
・訪問者が直後に閲覧したサイト

Yahoo!ログールのブログパーツはJavaScriptに対応しているサイトに設置可能です。
ですので、Yahoo!ブログなどには使えません。

とりあえず、使ってみると良いでしょう。
ヤフーのサイトエクスプローラー(日本版)が登場しました。
2008年日5月14日にYahoo!検索 サイトエクスプローラーが開始しました。
http://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/

これは、URLやドメインを指定してインデックスページを調べたり、インデックスされているページの最終クロール日などを確認したり、サイトにリンクしているページを調べたり、検索結果にページを非表示にしたり、リンクファームの一部とされて検索結果でペナルティを受けないためのスパム報告をしたりできます。


登録方法は、

まず先ほどのURLにアクセスし、自分のサイトのURLを入力し「管理サイトに追加」。
認証設定をするには、認証状況の「未認証」をクリック。

HTML認証とメタタグ認証があります。
メタタグのほうのが簡単そうです。

メタタグのほうに書いてあるものをコピーして自分のサイトトップhead内に貼り付けします。
できたら「認証開始」をクリックで、24時間以内に認証が完了。

まあ色々機能があるので見てみると良いですよ。

無料レポートというものは、今時たくさんありますね。

無料レポートを配布するスタンドができて
メールアドレスを収集するために色々なレポートがPDFで配布されています。

最近では無料レポートスタンドの数も多くなって
レポートも同じようなものが溢れているようになりました。


メールアドレスを登録しなくて良い。
しかもレポートの質も結構専門的で役立つ。

そんなSEOのレポートがありました。


それは「Web担当者Forum」にある記事にありました。
海外サイト「SEOmoz」の記事を翻訳したものです。

SEOmozは、Search Engine Journalで2006年のベストSEOブログに選ばれた、SEOを中心とした検索マーケティング情報のブログ。



そして、SEOレポートは以下から。
SEO基本技術のチートシート(トラの巻)


SEOに興味のある方は、チェックしてみてください。
SERPとは「Search Engine Result Page」のことです。
つまりYahooやGoogle等、検索エンジン(サーチエンジン)の検索結果を指します。


SEOを考えるならSERPを気にするのは必須です。

SEOには終わりが無く、答えもないと言えますが、
りy答えがあるとすれば、それは唯一SERPにあります。


SERPは、検索条件に合うWebへのリンクが並んでいます。

その順序のアルゴリズムを解き明かそうというのがSEOなわけですが。
基本的に関連度の高い順に並んでいるといえます。

根本となる考えは、
検索したユーザーが求めるものをより良い精度で順番に並べたい、でしょう。


付け加えると、SERPには検索結果だけでなく、
キーワードに関連する広告なども掲載されていることがあります。
ドメインエイジとは、ドメインの年齢のことをいいます。
つまりドメインが取得されてから何年経っているかということです。

なぜそんなことを気にする必要があるかというと、
ドメインエイジがより古いほうがSEO対策に良いからです。


現在では特にyahoo対策として、ドメインの歴史が重要とされているようです。

もちろんGoogleなどでもドメインエイジはSEOに重要な要素となります。


もっと詳しくお話しますと、ただ古いだけではなく価値があるドメインが重要だということになります。その価値というのは検索エンジンに評価されているということです。

ほったらかしにしていたゴミサイトと過去から評価が高いサイトがあり、ともにドメインエイジが同じだとすれば、当然のように後者が良くドメインとして価値が高いといえます。


以上のような理由があって、自分でドメインを育てていくということが大切なのですが、なかなか難しかったり時間がかかるのは間違いありません。

そこで中古ドメインを買うという方法もあります。

中古ドメインを手に入れるには様々な方法があるのですが、
バリュードメインのドメインオークションが手軽で良いのではないでしょうか。


ドメインエイジチェックツール」などもあり、
検索すれば見つかりますので使ってみると良いと思います。
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。