情報商材を選ぶ際の注意点

ここでは、情報商材を選ぶ際の注意点 に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普通、情報商材を選ぶときって何を考えて選んでいますか?


まず欲しいと思うかどうか、は選ぶ時に欠かせないことですよね。

それから、やったら結果が出せそうかとか、自分にできそうか何かも考えますね。


そういうことを考えるのは、当たり前だと思います。
でも実は凄い大事なんですけど、ほとんどの人が見ていないことがあります。


それは「特定商取引法に基づく表示」です。

まず絶対どこかに書いてないといけないんです。
でも書いていないものさえあるんですよね。

そんな法的に良くない販売方法をしてるところ、まともな商品を売っているはずありません。
そんなところから購入するなんて駄目ですよね。


販売責任者や所在地、電話番号などの販売者の情報が見られないといけないんです。

情報商材はこの情報が怪しいものも結構あるんですよね(汗)

先ほど言ったように書いていないものは問題外ですし、
書いてあっても嘘が書いてあることもあります。

書いてある住所を調べたら、おかしかった。なんてことも。



ですのて、セールスレターを読んで感情だけで購入までいかずに
チェックすべきことはしっかりチェックして
今後はよりいっそう冷静に注意して判断を下せるようにしましょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sasakimiki.blog95.fc2.com/tb.php/21-884dd266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。