宣伝文句の正確性と宣伝方法の問題

ここでは、宣伝文句の正確性と宣伝方法の問題 に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宣伝文句の正確性と宣伝方法の問題について、ウィキペディアを元に見ていきましょう。

情報商材の販売では、購入者の成功例が良く掲載されている。しかし、情報商材が出現する前から「お客様の声」として購入者の感想を掲載することは頻繁に行われており、その正確性は購入者が判断するしかない。

こうした宣伝文句はテンプレート化されており、優良商材粗悪商材に関係なく、形式自体はほとんど同じであるため、見た目や雰囲気だけで判断することはまず不可能である。このため、宣伝内容に矛盾した内容がないか、明らかに無理のある事実が書かれていないか、そもそもそこに書かれている内容が真実かどうかなどを、購入する側がその商材を十分吟味する必要がある。

また、情報商材を販売する者は、スパム的な宣伝手法をとることが多く、一般のネットユーザーに嫌われる原因の一つになっている。スパムメール配信や掲示板やブログへの無差別的な書き込みが基本だが、最近ではGoogle Adsenseに「楽して大金が手に入る」といった趣旨の広告を大量に配信している。内職や在宅ワークとは無関係のサイトにも頻繁に表示されるため、嫌悪感を持つ人も多い。当wikipedia情報商材でも自分のアフィリエイトサイトを宣伝する編集が幾度も行われている。

情報商材には悪徳商法と考えられるような物も存在するため、利用者には慎重な判断と十分な注意が求められます。情報商材ではなくとも、ものを見る目は必要でしょうけど。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sasakimiki.blog95.fc2.com/tb.php/4-0cbd8308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。