ネット上に散乱する日本のブログ

ここでは、ネット上に散乱する日本のブログ に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界レベルで見ても日本のブログ数はかなり多く、世界一だとかは以前から言われていますね。
その多くがツールで量産などのスパム系だともいわれています。

総務省 情報通信政策研究所(IICP)が発表したところによると、2008年1月時点で日本国内のブログ総数は約1690万、記事総数はは約13億5000万件、データ総量は42テラバイトに達しているとのこと。このうち、テキスト(文字)のみで計算すると約12テラバイトとなり、書籍1冊当たりのデータ量を457キロバイトとして換算すると、なんと書籍約2700万冊分に相当するそうです。とんでもない巨大図書館ですね……日本のブログは……。

また、1ヶ月に1回以上記事が更新されているアクティブなブログは全体の2割弱で約300万。さらに、毎月新たに開設されるブログ数は毎月40万~50万程度で推移しており、活発な情報発信が続いていることが明らかになったようです。



引用元:GIGAZINE(http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080703_japan_blog/)


日本の文化にマッチして、ブログが人気だということは否定しませんが、
やはりアフィリのためのブログ量産が日本のブログを多くしている第一要因でしょう。

全体の12%がスパムブログだそうです。

アフィリ塾などで配布されるものだとか、RSSで記事を拾ってきて自動生成というツールがありますので、そういうものを使えば桁違いのブログが作れたりしますから、当たり前かもしれませんね。

全体の大部分の数を所有している人は、本当に一部の人なのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sasakimiki.blog95.fc2.com/tb.php/59-aab4248d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。