アフィリ系 レビュー

ここでは、アフィリ系 レビュー に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報商材「アフィリエイト戦国時代」のレビューです。

●情報商材の内容

アフィリに必要不可欠なこと、必要最低限のSEO対策、よりクリックされる方法などブログを資産にして、アフィリで長期的に継続して稼ぐ方法が書かれています。

メインは無料ブログを使った方法ですが、アフィリ全般について考えることができます。

情報商材の本体は、各項目ごとに第1部から第3部まで分けて解説があり、総ページ数400ページ以上のPDFファイルと音声動画ファイル9本(約4時間)にまとめられています。


●評価

5

メーターMAXのランク5です。


●良い点

実際に販売者が月1000万以上稼いでいる方法なので、机上の理論ではなく説得力があります。

マニュアルはボリュームがあり、丁寧な説明がされていますので、初心者でも分かりやすいでしょう。

何をどうすればいいのか、具体的に順番に解説されていますので、迷うことなく作業ができると思います。

無料ブログを効果的に使うノウハウなので、初期投資が無いのは良いですね。

サポートメールもあり、特に記事提供サービスの特典が良いです。また返金保障もあるのは嬉しいですね。


●悪い点

値段が高価なので、やはり手は出し難いでしょう。
しかし良く考えれば、ライバルが少ないとも言えます。

特にアフィリ経験者にとって、ビックリするような内容ではないので、内容を軽視してしまうかもしれません。


●サポートについて

購入者限定のメールや90日実践して結果が出せなかった時に受けられる個別サポートがあります。


●コストパフォーマンス

かなり高価だと思います。しかし、とんでもない値段かと言えばそうではないでしょう。

この情報商材をもとに作業をして得られるものを考えれば、高いとは言えないのではないでしょうか。毎月いくらの収入が得られるようになるかなど、単純に計算してみても分かると思います。

返金保障や個別サポートが無しで割引価格もあるので、アフィリ経験者はそちらがオススメです。


●返金保障

アフィリエイト戦国時代を90日間実践しても結果が出なかった場合、90日間個別サポートを申し込むことができます。そして90日間の個別サポートが終わっても結果が出なかった場合には、マニュアル代金分を全額返金してもらえます。 ただし、決済手数料4200円だけはかかるようです。


●商材の特典

・専属ライターによるオリジナル記事提供サービス
・音声セミナー10本(5時間以上)
・SEO対策済みオリジナルブログテンプレート
・購入者限定サポートメール
・無料バージョンアップ
・冊子版プレゼント(初回100部限定)

オリジナルのテンプレートは差別化にもなりますし、カスタマイズの手間も省けて良いですね。

特に記事提供サービスは他では見たこともないですし、有効なサービスだと思います。好きな分野の記事をリクエストして書いてもらい、その記事を使えるので、更新作業の手助けになりますね。


アフィリエイト戦国時代


●ミキからの特典

ミキからの特典についてはコチラをご覧ください。


●特典請求や問い合わせ

特典の請求は下のメールフォームの内容欄に【特典希望】と書き、欲しい特典を書いた上で送信してください。

その他、何かミキに相談などある場合も以下のメールフォームからお願いします。

何でも良いので、気軽にお問い合わせください。




最近の情報も乗っていましたので、ウィキペディアの販売者の問題を見てみましょう。

情報商材に限らず、あるいはインターネットによる販売に限らず、またいかなる商品であっても、購入者を騙す業者は少なからず存在する。返品を受け付けなかったり、情報の妥当性・正確性などを理由にクレームを言っても取り合わない業者もいる。問題のある販売方法を行っていたり、虚偽を記載していたとして法的な対応を取ることも不可能ではないが、警察はそう簡単には動かず、法的措置を取るにも膨大な手間がかかり、現実的には困難である。さらに販売者と連絡が取れなくなる場合もあり、販売者側のモラルが問われることもある。

これらの商取引の問題は、情報商材自体の存在ではなく、インターネットの普及によって容易に物を販売することが可能になったこと、インターネット販売業者の良し悪しを判断する知識を持ち合わせていない購入者が多く存在することから、悪質な業者が増加していったことに起因する。

2007年に入り、違法商材「インド式アフィリエイト」購入者の告発を皮切りに、情報商材関連業者がメルマガなどで悪質商材を買わないよう呼びかけた。この告発の結果、該当の商材並びに販売方法が極めて悪質と判断され、それまで応じなかった返金要請にも応じざるを得なくなるという動きが出ている。この事例から今後法整備が進み、購入者側も知識を向上させていくことで、悪質な業者の淘汰が期待される。

copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。