アフィリのノウハウ

ここでは、アフィリのノウハウ に関する情報を紹介しています。
【当ブログについて】

このブログでは主に情報商材のレビュー(評価)をします。
それに加えてコラムとしてアフィリなどに関することもお話していきたいと思います。

それは情報商材のレビューを見ても、見る人に知識が無ければ上手に活用できないと思うからです。私がお勧めする情報商材だから良いと思うのではなく、レビューを貴方の判断材料にしていただきたいのです。

何事も同じですが、貴方がする全てのことは、貴方が判断し決断したことですので、慎重に確かな目を養って欲しいと思っています。貴方が情報商材を選ぶ時に少しでも役に立てるレビューとなれたら嬉しく思います。


超オススメ情報商材レビューの一覧


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、特にヤフーでドメインエイジが重要視されているので、
早く結果を出すために、中古ドメインの取得が流行っています。

これはヤフーでは有効でも、グーグルでは無効です。

ヤフーはドメインの有効期限や所有期間開設期間を参照してリンクの評価をすることがないので、以前に何らかのサイトが運営されていた中古ドメインを取得して、新しくサイトを開設しても過去のサイトに張られていたリンクが反映されます。

それがグーグルでは過去に張られていた被リンクは全て無効です。


ですので、グーグル対策には効果が期待できませんが、検索のシェアが高いヤフーで有効なので、中古(オールド)ドメインを販売する業者から、良いドメインほど値は張りますが購入して、早く結果を出すことができるはずです。

目的によって、使い分けるのが良いでしょうね。

今後、グーグルのようにヤフーも対策を講じてフィルターをかけてくることも考えられますので、そのようなリスクを覚悟する必要はあります。

例えば、短期間でも投資した以上のものを、回収できると思ったら、
中古ドメインを使った戦略も良いと思います。


参考:http://www.alphaseo.jp/seo-column/080917_200745.html
SEO対策を考える上で、バックリンク(被リンク)数を調査することは大切なことですね。

SEOの重要な点には、HTML・キーワードなど複数の要素がありますが、
その一つであり特に重要な要素であるのが被リンクの質や数となります。

あるサイトのバックリンクを調べるには、yahooやGoogleの検索窓に
「link:http://●●」と入力して調べますね。

自分の狙っているキーワードや、ウォッチしているキーワードなどの
競合サイトを定期的に調べたいものです。

しかし、何回も多く行う作業では、
少しの手間も大きなものになってしまいます。

より楽にできるなら、時間短縮にもなり良いですよね。

そこで、簡単にYahoo!で調べられる無料ツールを紹介します。

これです!
→ http://www.yahoolink.jp/


便利なサービスは有効に使いましょう~!
ネットビジネスでは、特にサイトアフィリで、
キーワード選定が大事だとよく言われるものですが、
今ではRSSを上手く使うかどうかで情報収集の効率が変わるでしょう。

まだ、使ったことが無いという人は
どのようなものか試してみる価値はあると思います。

自分で利用しないにしても、どのようなものかは把握しておくべきでしょう。


RSSでキーワード収集することを考えた際に、
Googleに使えるサービスがあります。


Google アラート
http://www.google.co.jp/alerts

Google アラートは、指定したトピックに合ったニュース記事がオンラインで配信されたらメールで送信されるサービスです。具体的には、次のように利用できます。

・気になるニュースをモニター
・業界の最新情報を入手
・最新芸能ニュースやイベント情報をチェック
・スポーツの動向を把握


このサービスを利用して、気になるキーワードの最新ニュースをウォッチできます。

いち早く、最新情報をゲットしてホットなキーワードになったときに
アクセスを奪えるようにしたいものです。


他にもgooのRSSリーダーなど、RSSリーダーを上手くつかって
タイムリーなキーワードをゲットし、当たりキーワードを自分のものにしましょう。



ちなみに、こんなものもあります。

Googleブログ検索にあるような検索結果をRSSフィードに変換してれるサービス「FeedMySearch」
http://feedmysearch.com/
copyright情報商材とアフィリall rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。